文字サイズ

特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク

会員になるには

活動内容

NGO組織強化支援

 すべてのいのちが尊重される平和で持続可能な社会は、国益の確保・拡大を目指す国家や、競争を通じた利益追求を目指す企業ではなく、市民によるイニシアティブが尊重され、より一層強化されなければ達成されません。

 本事業は、その担い手となるべき国際協力NGOの国内人件費の一部を支援することでNGOの組織強化が図られ、より充実した活動が展開されることをねらいとしています。

事業の背景と特徴

1990年代から公的機関による日本の国際協力NGOに対する支援スキームが次々と設けられてきましたが、これらの助成金の多くは海外でのプロジェクトに対して与えられるもので、人件費や事務所の運営管理費などに使えないものが大半でした。特に、国内の人件費は、各団体の会費や寄付等の限られた自己資金から捻出せざるを得ないケースが多く、組織強化を図る上で大きな障害になっています。

そこでアーユスでは、資金不足など様々な理由で組織基盤の強化に踏み込めない国際協力NGOの活動を支えるため、「NGO人材支援事業」を開始しました。国内人件費の一部を支援することで、各団体が安心して組織の強化を図り、より充実した活動ができるように後押ししています。当初は6団体に対し3年間を上限として支援を行うスタイルでしたが、1997年からは、それぞれの年ごとにテーマを決め、テーマに沿った活動をしている団体を支援することにしました。

また、単に資金面で支援するだけでなく、その団体が抱える問題を共有し、その解決に向けてパートナーとして協力していくことを基本にしています。そのため、支援する団体とは常に情報交換を密にして状況の把握に努めるとともに、広報の協力、アーユスの会報への活動報告の掲載や、アーユス関係者を対象とした報告会を設けるなど、相互理解と信頼関係をもとに、さまざまな形で協力しあう関係を築いています。

2012年からは名称を「NGO組織強化支援事業」に改め、組織の基盤強化に対する支援であることを明確にしました。

「NGO組織強化支援事業」への応募に関する情報、選考の基準などは、こちらのページをご参照ください。


2016年度〜

政策提言・調査研究1

frj

なんみんフォーラム

 なんみんフォーラム(FRJ)は、2004年に設立された、日本に逃れた難民を支援する団体のネットワークです。現場の声を政策に生かしながら、日本が国際基準に沿って難民を保護し、保護された難民が社会に受け入れられることを目指しています。現在、FRJは全国15団体から構成されており、国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所とも協力しながら、主に以下の活動に取り組んでいます。

2015年度〜

テーマ:原発に頼らない社会・地域づくり

 3.11は、日本の国際協力NGOにとっても大きな転機になりました。特に、福島やその関連で活動するNGOにとって、原発災害がもたらした計り知れない被害の実態は、今後の活動を考える上で、一つの大きなメルクマールになったといえるのではないでしょうか。

 福島に関連する活動で得た経験は、原発災害の被災者が安心して暮らせる生活を取り戻すための活動に留まらず、放射線被害の実態を明らかにする活動、原発が持つ非人道性から原発の再稼働や原発輸出に反対する運動、原発に依存した現代社会のあり方を見直し、再生可能エネルギーを軸にした地域づくりやライフスタイルを提唱・実践する脱原発・脱経済成長をめざした活動、など多方面に着実な広がりを見せています。

 原発が日本の中でも他の産業や機会に恵まれない地域に押し付けられてきたという事実は、原発周辺の人々や自治体が、原発関連の就業機会や原発会社からの納税、政府からの補助金などに大きく依存せざるを得ない状況を生み出してきました。いわば日本国内の「南北問題」が、原発の陰に隠れていたと言えるでしょう。これと同様の構図は、今後原発が多く建設される途上国でも再生産される可能性は小さくありません。

 こうした状況を踏まえ、アーユスでは、国際協力を基本に据えつつ、原発に頼らない社会・地域の実現をめざすNGOが、より継続性のある質的な向上を伴った活動を行えるように、組織的に発展していくことを手助けしていきたいと考えます。

foe

国際環境NGO FoE Japan

 世界75カ国に200万人以上の会員をもつ環境NGOのネットワークFrinds of the Earthの 日本メンバー。気候変動・エネルギー、森林・生態系保全、開発と金融など、地球規模での環境問題に取り組んでいます。311後はエネルギー政策や福島支援にも力を入れています。

2014年度〜

テーマ:社会的弱者への教育支援

 アーユスはこれまで20年余りにわたり、国際協力NGOへの支援を通して社会的に最も弱い立場に置かれた人たちの尊厳が守られ、社会的弱者の視点に立った貧困の克服や人権の尊重、持続可能な開発のあり方などを訴えてきました。世界全体では絶対的な貧困層の割合が低下し、初等教育を受けられる子どもの数が増えるなど状況の改善が見られる反面、貧富の格差の拡大や、特に社会的弱者への支援が十分に行き届いていない現状は続いています。

 こうした状況を踏まえ、アーユスは社会的弱者が自らの手で教育面での改善を図っていく活動や、少数民族や難民・避難民等が民族的・文化的なアイデンティティを維持・尊重しながら、その歴史や伝統・文化を大切に守り育んでいく活動等への支援を行います。また、そうした活動の普及・啓発や、後世に正しく伝えていこうという取り組みも応援していきたいと考えています。

 支援の対象となるのは、社会的構造によって人間として有するべき権利が剥奪された状態にある人々、すなわち、難民・避難民、少数民族、障がい者、性的少数者、ストリートチルドレン、HIV/AIDSなどの感染症の影響を受けている人たち、大規模開発や公害などの被害を被っている人たち、などです。

 なお、ここで使う「教育」の範疇は、公的機関が行う初等・中等教育のみならず、民間組織が行う成人向けの教育、技能研修、職業訓練なども含まれます。

PLAS

エイズ孤児支援NGO・PLAS

 プラスは、「HIV/エイズに影響を受ける子どもたちが笑顔でいられる社会を実現する」というミッションのもと、2005年よりウガンダ共和国、ケニア共和国の2ヶ国で、主にエイズ孤児への教育支援活動とエイズ啓発活動に力をいれています。


これまでの支援団体 2012年度〜 2008年〜2011年度 2004年〜2007年度 2001年〜2003年度 1993年度〜2000年度