文字サイズ

特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク

会員になるには

NGO組織強化支援

NGO組織強化支援2007年度〜

テーマ:MDGs

ミレニアム開発目標(MDGs)に代表されるグローバルな課題や日本の国際協力に関する政策や制度に関する積極的な提言活動を、中長期的な視点を持ちながら行っているNGOを対象とする。

関西NGO協議会

関西NGO協議会

 主として関西に活動拠点を置く国際協力・援助団体が相互に協議を深め、連帯を強めることにより、各団体の運動や活動がより充実・発展することを目的ネットワーク型NGOです。主に、会員団体間での情報交換・勉強会、政策提言(アドボカシー)活動、一般市民に対するとしたNGOへの参加促進活動を行っています。


NGO組織強化支援2006年度〜

テーマ:マイノリティ

主に第三世界で、民族、宗教、階層、志向、身体条件などを起因として貧困や差別に苦しむ少数集団の人々が、社会全体の改革を視野に、自分たちの生活の改善や権利の実現に取り組む、あるいはそれを支援するNGO。

ジュマ・ネット

ジュマ・ネット

 バングラデシュ、チッタゴン丘陵地帯の先住民族ジュマの人々を人権侵害から守り、平和に暮らせる社会づくりのために活動する個人や団体があつまり2002 年3月に作られた団体です。日本人にチッタゴン丘陵地帯で発生している紛争や人権侵害などの課題の実態を伝えるとともに、平和づくりのために具体的にできることを考え、実行しています。

女性の家サーラ−

女性の家サーラ−

 主に日本の社会で十分に権利が保障されていない外国籍女性やその同伴児が、人身売買やドメスティックバイオレンス、パートナーからの悪意の遺棄など様々な理由で行き場を失っているとき、又は深刻な問題に直面したとき、安全なシェルターを提供するとともに、自立のための支援を行っています。母国語による電話相談、面接相談、情報提供、カウンセリングなども行っています。


NGO組織強化支援2005年度〜

テーマ:コミュニティ

農村開発やスラム改善などと呼ばれるプロジェクトを実施するNGOだが、特に社会的に不利な立場に置かれている人々(例えば農村の土地無し層、差別や抑圧を受けている少数民族や低階層の人々、など)を対象とし、その人々自身の結びつきを強化する中で、彼ら自身の力で生活を改善していく活動に取り組む団体を募集。

アジア・太平洋資料センター

アジア太平洋資料センター

 南と北の人びとが対等・平等に生きることのできるオルタナティブな(今のようでない、もうひとつの)社会をつくることをめざしています。
世界からの情報の収集や発信、研究、自由学校を中心とした教育、さまざまな講演会やワークショップ、政府や国際機関への政策提言活動など多様な市民活動を行っています。

ソムニード

ソムニード

 日本と海外の両方で地域づくり・人づくりに取り組む国際協力NGOです。環境・コミュニティ・経済のバランスがとれた循環型社会の実現を、地域から目指し、インドとネパールで地位作りと人材育成などに力を注いでいます。


NGO組織強化支援2004年度〜

テーマ:都市

1) 都市における貧困問題とは、一般的にスラム住民、スクワッターズ、路上生活者、ストリートチルドレン、スカベンジャー、セックスワーカーなどの人々が、直面している諸問題を指す 2) こういった問題に対して、人々の主体的な活動あるいは参加を軸に、現場あるいは政策的なレベルで構造的に対応している活動

難民支援協会

難民支援協会

 日本に逃れてきた難民が、自立した生活を安心して送れるよう支援する団体。年間1万件以上の相談が日本にいる難民から寄せられ、専門的なスタッフが一人ひとりへ支援を行っています。さらに、制度改善のための政策提言・調査研究、および情報発信を行うなど、日本の難民保護を目的として総合的に活動しています。


これまでの支援団体 2012年度〜 2008年〜2011年度 2004年〜2007年度 2001年〜2003年度 1993年度〜2000年度