文字サイズ

特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク

会員になるには

ニュース

ayusより 2021/05/28

アーユス・メールマガジン第105号(2021年5月26日発行)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ★アーユス・メールマガジン(月刊アーユス)★
    〜世界にお布施。むすぶ、ひらく、未来。〜
  第105号(2021年5月26日発行) http://www.ngo-ayus.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 イスラエル軍によるパレスチナのガザ地区への攻撃とガザから
イスラエルに向けたロケット弾の発射で多くの犠牲者が出ました。
ロイター通信によるとガザ側の死者は248人、イスラエル側は13
人の死者が報告されています。パレスチナに関係する日本のNGO
から日本政府に対して停戦に向けた外交努力を求める声明が出さ
れ、アーユスも速やかに賛同しました。幸いなことに停戦は実現
したものの、未だに緊迫した状況が続いています。人類にとって
大きな脅威となっているコロナ禍を乗り越えるために最大限の努
力を行わなければならないときに、依然として世界各地で起きて
いる紛争や衝突が収まる気配がありません。気候危機も急速に忍
び寄る今、人類は平和の実現と他者への尊重を基調とした行動が
より一層求められています。(団)
_____________________________
◆目次◆
【1】アーユス・アップデート
  ・5月メッセージ:探していたものは、頭の上にある?
  ・連続セミナー「ミャンマーの民主化と平和を求める市民と
   ともに」第4回:タイ・ミャンマー国境での支援活動から
   見える課題とこれから(5/27案内)
  ・#ミャンマー国軍の資金源を断て「日本政府は Act Now!」
   官邸前アピール(6/1案内)
  ・ミャンマー緊急募金:民主化を求める市民の活動支援
  ・「第20回南北コリアと日本のともだち展」(6/4-6案内)
  ・日本政府への要請「新型コロナウイルス感染症に関わる知的財
   産権の一部免除支持への政策転換を」に賛同
  ・2021年度『街の灯』支援事業 対象事業のご紹介
【2】NGOピックアップ(3件)
【3】会員・専門委員等からのお知らせ(3件)
【4】NGO等情報告知板(7件)
_____________________________
【1】アーユス・アップデート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●5月のメッセージ:探していたものは、頭の上にある?
 横浜で3.5メートルのアミメニシキヘビが行方不明になっていた
事件。専門家が「地面より上を見てくれ」と言っていたにもかか
わらず、それを無視しながら徒に無駄と危険を重ねていくさまは、
現代日本を象徴しているような出来事と思えてなりません。根拠
に乏しい思い込みと思いつきと願望に頼って判断し、結果が出な
くても責任を取らないという例は、近年に限ってもいくつも思い
出せます。捜し物はまずは頭の上から始めましょう。
http://ngo-ayus.jp/column/buddhism/2021/05/2105message/

●連続セミナー「ミャンマーの民主化と平和を求める市民ととも
に」第4回:タイ・ミャンマー国境での支援活動から見える課題
とこれから(5/27案内)
タイのバンコクを拠点とする仏教者の国際ネットワーク(INEB)
のムーさんを講師に、声明発表やタイ国境沿いに逃れてきた人た
ちへの支援、独裁体制に抵抗する僧侶と尼僧を支える活動から見
えるミャンマーの状況を共有し支援の必要性と展望を考えます。
▼話し手:Somboon Chungprampreeさん(通称ムーさん)
▼とき:2021年5月27日(木)19時半~21時(参加無料)
▼ところ:オンライン会議システム(Zoom)を使用。
下記より申し込みいただいた方に、当日のURLをお送りします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ae2ceca4706356

●#ミャンマー国軍の資金源を断て「日本政府は Act Now!」官邸
前アピール(6/1案内)<アーユス:呼びかけ団体として>
 対ミャンマー公的資金における国軍ビジネスとの関連を早急に
調査し、クーデターを起こした国軍の資金源を断つことを求める
新たな要請書を提出し、国軍のビジネスと日本の経済協力関係を
直ちに断ち切ることを強く要請するアピールを行います。
https://foejapan.org/aid/doc/210601_myanmar.html

●ミャンマー緊急募金:民主化を求める市民の活動支援
 アーユスでは上記の活動を行うとともに、ミャンマーの人たち
が未来へ希望を持てるように応援するため、日本ビルマ救援セン
ター、メコン・ウォッチ、INEBの活動に協力しています。これま
でに231万円を超える募金が寄せられています。ご協力いただき
ました皆様に心より御礼申し上げるとともに、引き続きのご協力
をよろしくお願いいたします。
http://ngo-ayus.jp/project/fund_raising/21myanmar_donaiton/

●「第20回南北コリアと日本のともだち展@東京」(6/4-6案内)
 東アジア地域の平和を願って2001年にスタートした「南北コリ
アと日本のともだち展」は20周年を迎え、各地から寄せられた子
どもたちの絵とメッセージが大集合。6月5日(土)に開催される
ギャラリートークはオンラインでも配信します(要申込み)
【とき】2021年6月4日(金)-6日(日)10:00-18:00 入場無料
【ところ】アーツ千代田3331(東京都千代田区外神田6-11-14)
http://www.3331.jp/access/(会場アクセス)
http://tomodachi10.net/T/2020exhibition-2/

●日本政府への要請「新型コロナウイルス感染症に関わる知的財
産権の一部免除支持への政策転換を」に賛同
 5月14日に「新型コロナに対する公正な医療アクセスを全ての
人に!連絡会」が日本政府に対して知的財産権の一部免除を求め
る要望書にアーユスも賛同しました。
https://ajf.gr.jp/waiver_request_for_goj/

●2021年度『街の灯』支援事業 対象事業のご紹介
 以下の事業が新たな支援対象になりました。
【通常枠(3年間の継続支援)】
http://ngo-ayus.jp/activity/city_lights/
・水俣市内外での水俣病患者を対象にした「相談サロン」の実施
(水俣病センター相思社)
・モザンビーク共和国カーボデルガド州テロ被災者支援および平
和教育活動(モザンビークのいのちをつなぐ会)
【特別枠(1年間の単年度支援)】
http://ngo-ayus.jp/activity/city_lights/2020covid19/
・コロナ禍における日本の児童労働のリスク削減事業(ACE)
・東ティモール・コロナ禍で適切な医療サービスを受けられない
住民と感染リスクに晒される洪水被災者への感染対策を通じたプ
ライマリヘルスケア強化事業(シェア=国際保健協力市民の会)
・生活が困窮している難民申請者への更なる物資・住居支援の拡
大(難民支援協会)
・レバノン国内の脆弱なパレスチナ難民世帯への食料支援(パレ
スチナ子どものキャンペーン)
_____________________________
【2】NGOピックアップ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●【NGOによる声明】イスラエルおよびガザに一刻も早い停戦を
 日本のNGO4団体が5月17日にイスラエルおよびガザの停戦の
ために日本政府に外交的努力を求める声明を外務大臣宛に提出。
アーユスをはじめ17団体以上が賛同しています。
https://www.parcic.org/news/19146/

●今国会での入管法改正が取り下げに
 難民申請者の送還を可能にしたり、「送還」を拒む非正規滞在
者に刑事罰を設けるなど、人権の観点から多くの問題が指摘され
ていた入管法改正法案が取り下げられ、事実上廃案となりました。
反対の声をあげていた、当事者、支援団体、弁護士等がその決定
に安堵する一方、難民認定制度の不備や入管収容施設における人
権問題等について引き続き追究していく意向を示しています。
<移住連が発表したステートメント>
https://migrants.jp/news/voice/20210519.html

●ACEが児童労働撤廃国際年「2021年アクションの誓い」を提出
 ILO(国際労働機関)の呼びかけに応えて、マルチステークホ
ルダーを巻き込んで児童労働を撤廃するという包括的な協働アプ
ローチを進化させ、さまざまなステークホルダー間のパートナー
シップと協働メカニズムの強化に重点を置いて活動すると表明。
http://acejapan.org/info/2021/05/30969
_____________________________
【3】会員・専門委員等からのお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●6/13 大江正章さん追悼オンライン・シンポジウム「地域主義と
コモンズ―農と自治、アジアを結んで」(参加無料・要申込)
 これまでの産業・生活のあり方を根本から変えるためのビジョ
ンは「都市農村共生社会」であり、その核となるのは「地域」と
「農」であると大江正章さんは論じました。大江さんのお仕事を
振り返りつつ、私たちが目指すべき社会のビジョンを議論します。
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/210613.html

●7/17 第5回 世界同時念仏会開催(フランスから中継)
 隔月で世界各地が中継の中心となって、参加者はZOOMにアク
セスして念仏を一緒にお称えいたします。今回は5回目の開催で、
フランスのヨーロッパ仏教センターからの中継となります。
【日時】2021年7月17日(日本時間23時~24時)
【参加方法】Zoom Meeting(下記までお問い合せください)
【お問合せ】〒105-0011 東京都港区芝公園2-2-13 観智院
 FAX:03-3431-7807 Eメール:shinsei@canchiin.net

●「新型感染症の影響と市民社会」連続セミナー(6-7月)
 庭野平和財団の主催で、困難を抱えた人たちとその方々を支援
する組織や団体、それらを支援する助成機関、そして宗教者はコ
ロナ禍の現状、どのような対応を準備・検討しているのかに焦点
を当てたオンライン連続セミナーを開催します。
https://www.npf.or.jp/wp-content/uploads/2021/05/2021corona-seminar.pdf
_____________________________
【4】NGO等情報告知板
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●5/28 米国の“コロナ・ワクチン知財免除”で世界はどう動く!?
―EU各国の反応と市民社会の運動の最新情勢!―
 すべての人への公正な医療アクセスを実現するため活発に活動
してきたEU市民社会の運動現場からゲストを招き、EU各国・英
国の主張や欧州委員会における議論、製薬企業の動向、そして市
民社会の運動についてお話を聞きます。
<「新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!」
連絡会>
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_pohinjuyQXW2Z2RegXW9zw

●5/31 第5回チャイルドライツ・カフェ「なぜ『子ども基本法』
は必要か」
 様々な切り口から子どもの権利について考える「チャイルドラ
イツ・カフェ」。今回は子どもの権利を保障する「子ども基本法」
の制定について、対談形式でお伝えします。
<国際子ども権利センター(シーライツ)>
http://www.c-rights.org/news/news2/20210512.html

●6/5 FoE Japanスタッフトーク「気候危機と民主主義の危機をく
い止めるには」(オンライン)
 FoE Japanは原発や石炭火力の問題、途上国における開発や搾
取の問題について声を上げ続けてきました。今取り組んでいる活
動を紹介しつつ、今後必要なアクションについて参加者の皆さん
とともにお話しできたらと思います。
<FoE Japan>
https://www.foejapan.org/event/supt/210605_2.html

●6/12-13 移住連全国ワークショップ2021
 一般の方々に関心の高いテーマについて課題の現状や移住連の
取り組みをお伝えし、テーマ別分科会の報告と参加者によるグル
ープ討論を行います。
<移住者と連帯する全国ネットワーク>
https://migrants.jp/news/event/20210526.html

●NGOスタッフになりたい人のためのコミュニティ・カレッジ20
21(Nたま)18期 無料説明会(6月中旬)参加者募集
 NGOの知識を得て中部地域のNGO関係者とつながりを築き、
研修に参加する仲間たちと一緒に学び合いながら創り上げていく
ことのできるオリジナルの研修です。無料説明会を行います。
<名古屋NGOセンター>
http://nangoc.org/information/ntama2021.php

●PARC自由学校連続講座(オンライン・オフライン)
「著者と読む『身の丈の経済論: ガンディー思想とその系譜』」
「『資本論〈入門〉』―現代経済をマルクスの視点で理解するた
めに」など全15講座が開講予定です。
<アジア太平洋資料センター(PARC) / PARC自由学校>
https://www.parcfs.org/#_7

●【緊急支援】中断している<テロ避難民の家>を完成させたい
 モザンビーク北部のカーボデルガド州でイスラム過激派のテロ
激化により州都ペンバには17万人を超える避難民が流入。相談に
来る避難民が増えているため、急遽「避難民の家:Casa de Paz
(平和の家)」の建築を始めたものの物価・資材の高騰で中断。
現在ご寄付を募って建築を再開。ご協力をお願いします。
<モザンビークのいのちをつなぐ会>
https://www.tsunagukai.com/information/ajuda
_____________________________
★編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 コロナ禍は人類に大きな災禍をもたらし試練を与えていますが、
同時に今まで人類が突き進んできた経済至上主義とそれに伴う資
源収奪、環境破壊、格差の助長、人権抑圧等に重大な警鐘が鳴ら
されているとも言えます。そのまま加速していたら近い将来人類
は破滅する状況に陥るところに非常ブレーキがかけられたのかも
しれません。しかしながら、これまでの社会経済システムの恩恵
に浴してきた人たちは早く元の状態に戻そうと必死になっている
ように思えます。コロナ禍でIT化に拍車がかかり、社会全体でデ
ジタル依存が進んでいますが、このことが問題の本質をさらに見
失わせることにもなりかねません。今まさに私たちは時代の転換
点に立っていますが、その意識が希薄なまま時代の急速な変化に
翻弄されようとしているところに危機感を感じます(団)
_____________________________
▼アーユスでは会員を募集しています。すべてのいのちが尊重さ
れ、生かされ生かし合う世界をめざす運動にご参加ください。下
記連絡先までお気軽にご連絡ください。よろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行: NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク
〒135-0024 東京都江東区清澄3-6-8
TEL:03-3820-5831 FAX:03-3820-5832
E-mail tokyo(@)ngo-ayus.jp(@を小文字にしてください)
URL http://www.ngo-ayus.jp  
配信登録/解除は上記メールアドレスまでご連絡ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━