文字サイズ

特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク

会員になるには

ニュース

2012/06/14

ワークショップ「チョコレートから世界が見えてくる」開催報告


2012年6月8日に山梨県富士吉田市にある新倉山正福寺において、ワークショップ「チョコレートから世界が見えてくる」を開催しました。今回のワークショップは、アーユスが今年度から始める「全国キャラバン」の1回目として行われたもので、アーユスと会員寺院とが協力してワークショップやセミナーを開催することで、より多くの人たちに世界の現状やNGO活動について理解を深めていただき、国際協力活動をより身近に感じていただこうというねらいがあります。

CIMG1749 のコピー

講師は特定非営利活動法人ACEの召田安宏さん。これまでワークショップのファシリテーターを100回以上務めてきたという20代ながらも既にベテランの域に達している方で、参加者をうまくチョコレートや児童労働の世界に引きずり込んでいて(いい意味で)、熟練の妙技を感じさせました。

CIMG1765 のコピー

参加者は、正福寺の婦人会などの門徒(檀家)さんや近隣のお寺の方々など40名余り。召田さんの司会でチョコレートにまつわるクイズに身体を動かしながら答えたり、チョコレートの原料となるカカオの生産地であるガーナと日本の家庭の違いを体感するお買い物ゲームなど、楽しみながら自然と学べる内容が好評でした。特に買い物ゲームでは、ガーナの人になりきって表情豊かに台詞を述べたり、日本とガーナの年収の違いに感嘆の声が上がるなど、皆さん楽しんでワークショップに参加していた様子が印象に残りました。

CIMG1784 のコピー

実際にチョコレートがどこでどのように作られ、私たちの手元に届いているのかを初めて知ったという声や、カカオの生産現場で小さな子どもたちが労働させられている実態についてショックを受けたという感想が聞かれました。

今回のワークショップを通して、アーユスと会員寺院が協力してイベントを行うことでよりよい関係を築いていける感触が得られたこと、イベントを通して会員寺院とNGOが新たな関係を築いていくきっかけにできることなど、さまざまな発見がありました。今回の経験を活かしながら全国キャラバンを続けていきたいと思います。会員寺院でご関心のある方はお気軽にご相談ください!