文字サイズ

特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク

会員になるには

アーユスセミナー

 コロナ禍が全世界を襲いました。各地で多くの死者・感染者を出す一方、感染拡大に伴い引き起こされた経済活動の停止や社会の中の分断は、既に困窮していた人たちをさらに追い詰めています。
 アーユスは、今年度から始める『街の灯』支援事業の特別枠として、コロナ禍の影響を受けて困窮している人たちや課題の中でも、特に光の当たらないところに光を当てて状況の改善を目指す活動への協力を始めました。
 今回のトークイベントでは、私たち自身の日常も大きく変わるなかで、より深刻な影響を受けている人々のこと、そして、この状況を乗り切ろうと、今だからこそ力を発揮しているNGOのみなさんの想いを伺います。


■今後の予定■いずれの回も、20:00〜21:00、オンライン配信
ただいま、第2期を準備中です!

■過去の記録■順次、公開いたします
○【6月3日水】第1回:難民としてコロナ禍の日本に暮らす ゲスト:難民支援協会
○【6月9日火】第2回:より厳しい人たちへ届くように──南アジアでの経験から ゲスト:シャプラニール
○【6月16日火】第3回:新型コロナで生活困窮に陥る移民・難民 ゲスト:移住者と連帯する全国ネットワーク
○【6月25日木】第4回:危機を転機に──ポストコロナに向けて、オンライン市民講座の可能性 ゲスト:アジア太平洋資料センター
○【7月2日木】第5回:経済危機のレバノンに生きる難民、そしてコロナ禍 ゲスト:パレスチナ子どものキャンペーン
○【7月7日火】第6回:コロナ禍で追い込まれる子どもたち ゲスト:国際子ども権利センター


第6回 コロナ禍で追い込まれる子どもたち /国際子ども権利センター

200x133

コロナ禍で家に居続ける状況が生まれたことで、子どもたちをめぐる新たな課題や、これまでも存在していた問題が深刻化しています。親からの虐待がひどくなったり、オンラインにアクセスすることで性的搾取の危険にさらされる子ども、子ども食堂が閉鎖され、十分な食事が得られなくなった貧困家庭の子どもがいます。また、居場所が閉鎖され自分らしさを出せる場が奪われたLGBTQの子どもや外国にルーツを持つ子どもなどマイノリティの子どもたちは、さらに追い込まれています。
「国際子ども権利センター」は、途上国の子どもたちの声を社会に伝え、権利が守られることを目指してきましたが、日本でも、もっと当事者の子どもの声を聴いて発信することにより日本社会を変えたいと考えています。
日本にも世界にも根付かせるべき子どもアドボカシーとは?
皆さんとともに考えたいと思います。

▼とき:2020年7月7日(火)20~21時
▼ところ:オンライン会議システム(zoom)を使用。お申込みをいただいた方に、ご案内をお送りします
▼ゲスト:甲斐田万智子さん(国際子ども権利センター代表理事)


第5回 経済危機のレバノンに生きる難民、そしてコロナ禍 /パレスチナ子どものキャンペーン

200x133

 深刻な経済危機で、物価が高騰していたところにコロナ禍のダブルパンチ。中東・レバノンでの人々の生活は苦しくなるばかりです。そこに暮らすパレスチナ難民/シリア難民は、特に追い詰められています。辛うじて就いていた日雇いの仕事がなくなった上に、パレスチナ難民を庇護する責任がある国連機関UNRWAの財政苦で、十分な支援が受けらなくなっているのです。今必要なものは?という問いかけには、「食料」という答が一番多いとか。
 設立以来、パレスチナの人々やパレスチナ難民、とりわけ子どもを支え続けてきた「パレスチナ子どものキャンペーン」が、まず始めた食料支援への思いを伺います。

▼とき:2020年7月2日(木)20~21時
▼ゲスト:田浦久美子さん(パレスチナ子どものキャンペーン)


第4回 危機を転機にーポストコロナに向けて、オンライン市民講座の可能性
           /アジア太平洋資料センター PARC

200x133

 何かしたい、でも今動いていいのか、これから暮らしはどうなるのか・・・
 多くの人が様子を伺っていた時期に、オンライン講座の企画をいち早く打ち立てたPARC。「COVID-19』時代を生きるーグローバル ・クライシスと市民社会と銘打った連続講座は毎回盛況で関心の高さをうかがわせます。
 グローバルな危機だからこそ、「光のあたっていない人たち」が抱えてきた課題の共通点が浮かび上がり、多くの人が目を向け始めた今は、私たち自身が行動を変え、変化を生み出す転機になるはず。PARC自身が、活動の軸である講座「自由学校」をオンラインに切り替えたことで見えてきた新たな気付きについて伺いながら、危機をよりよい社会をつくる転機にできる可能性を探りたいと思います。

▼とき:2020年6月25日(木)20~21時
▼ゲスト:内田聖子さん(アジア太平洋資料センター PARC)


第3回 新型コロナで生活困窮に陥る移民・難民/移住者と連帯する全国ネットワーク

200x133

「定額給付金は外国人の方ももらえます」
 政府も各自治体もそのように言っていますが、現実は違います。様々な制約から住民基本台帳に登録されていない外国人住民の方は対象外。そもそも、外国人住民は日本に生活の基盤があっても不安定な雇用条件の下で働いている場合が多く、コロナ禍の中でも、支援の網の目からこぼれやすく、保障が受けにくい状況があります。一方で、コロナの影響で事実上国境が封鎖され、日本から出ることもできません。
 日本に暮らす移民や外国ルーツを持つ人々の権利を守ろうと活動している「移住者と連帯する全国ネットワーク」は、「移民・難民緊急支援基金」を立ち上げ現金給付を通じて移住者の方などがコロナ禍を乗り切るお手伝いをしています。この基金を緊急で立ち上げた経緯、活用のされ方、今回見えてきた課題を伺います。

▼とき:2020年6月16日(火)20~21時
▼ゲスト:山岸素子さん(移住者と連帯する全国ネットワーク)


第2回 より厳しい人たちへ届くように―南アジアでの経験から
    /シャプラニール=市民による海外協力の会

200x133

 バングラデシュとネパールで長年活動を続ける「シャプラニール=市民による海外協力の会」は、外出禁止措置がとられた初期から食糧配布を行ない、その日の仕事を奪われて更に厳しい状況に立たされた人の傍らに立ってきました。同時に、コミュニティラジオの情報発信支援によって、ラジオ以外の情報源を持たない人にも感染症の正確な情報を伝えようとしています。
「現場に行く」という国際協力活動の基本的な動きがとりにくいなかで、これまでの経験やネットワークがどのように生きているかを伺いたいと思います。

▼とき:2020年6月9日(火)20~21時
▼ゲスト:小松豊明さん/勝井裕美さん(シャプラニール=市民による海外協力の会)
▽当日の記録は、こちらからお読みになれます。


第1回 難民としてコロナ禍の日本に暮らす/難民支援協会

200x133

 迫害や紛争を逃れて日本にたどり着いた難民を支援する「難民支援協会」。
 緊急事態宣言下でいちばん心がかりだったのは、宗教施設や支援団体、コミュニティ、友人知人など、「人と人」の縁があって、日本での滞在生活を繋いできた難民申請者の方々のことでした。そもそも日本にいる難民とは、どういう方々かを知ると同時に、まずは感染しないように、最低限の衣食住にアクセスできるように・・と心を砕いてこられた、この2か月のことを伺います。

▼とき:2020年6月3日(水)20~21時
▼ゲスト:新島彩子さん(難民支援協会)
▽当日の記録は、こちらからお読みになれます。


アーユスは少しでも多くの活動に協力したく、「コロナ禍を乗り切るための」寄付を募っています。支え合う縁の輪を広げることへの御協力お願いいたします。