文字サイズ

特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク

会員になるには

活動内容

評価支援

 プロジェクト/プログラム評価、もしくは組織評価を実施するNGOに対し、そのために必要な資金の半額(上限50万円)の資金援助を行います。

事業の背景と目的

 評価というと、成績をつけられるようで嫌なイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。NGOの中にも、以前はそういう団体が少なからずいたと思われます。しかし、よりよい活動や組織運営をおこなっていくためには、それまでを振り返り、強みと弱点(課題)の両方を客観的に把握することが必要です。NGOの間でも評価を実施することは当たり前になりつつありますが、プロジェクト実施の予算があっても、評価のための予算がない場合があります。また特に専門家の知識が必要な場合や、外部評価者の参加を得て評価を実施するには、さらなる費用が必要となります。

 アーユスは この評価支援を通じて、一般市民からの会費や寄付でまかなわれているNGOのプロジェクト/プログラムの質的な向上を図られ、NGOが組織的に強化されることが期待します。さらに、こうした評価の結果が公表されることで、同じような課題を抱える他のNGOにも共有され、評価を行うことの意義や必要性、その手法について理解が広がるものと考えます。

 「評価支援」への応募に関する詳細や選考基準に関しては、こちらのページをご参照ください。


2013年度

ACE

ラオスのこども

「ラオスにおける子どもセンタープロジェクト評価」

 ラオスのこどもは、日本の児童館に相当する「子どもセンター」を運営し、ラオスの小中学校でほとんど行われていない読書、美術、音楽、演劇、伝統芸能などの活動の機会を提供する支援をしています。1994年に1館目が創設されて以来、社会の大きな変化の中で子どもたちや学校にどんな影響をもたらし、役割を果たしてきたのかを調査し、支援のありかたを検討するため、評価活動を行いました。


2012年度

 alt=

ACE

「持続可能なカカオ農園と教育を通じた児童労働撤廃プロジェクト」

 ACEがガーナのカカオ生産地での児童労働撤廃に取り組む最初のパイロットプロジェクトの終了時評価としての位置づけ。プロジェクトの目標や成果の達成状況、活動プロセスを評価することで、教訓を引き出し、今後他地域へプロジェクトを拡大していく際の事業改善や成果達成の最大化につなげます。


これまで支援した団体とプロジェクト一覧はこちらのページをご参照ください。